Googleマイビジネス集客の王道は「お客様の検索キーワードに応える」こと

香川県高松市を拠点に、「地域集客サポーター」として活動している大鹿です。

地域の店舗オーナー様に向けて、集客効果が出るGoogleマイビジネスの活用方法(MEO対策)をお伝えしております。

今回は、マイビジネスを運用していくうえでもっとも基本となる、「お客様の検索キーワードに応える」という考え方についてお届けしていきます。

この考え方を追求していくことで、マイビジネスの運用で目指す「検索とマップにおける店舗情報の上位表示」(=あなたのお店がユーザーの目に留まりやすくなる)を実現できるわけですが…

逆にキーワードの考え方にズレがあると、何をやっても成果が得られないということにもなりかねないので、ぜひ運用の基礎の基礎として、目を通してくださいね!

目次

ユーザーの検索行動=ニーズの現れ

たとえばユーザーが飲食店を探している場合。

ユーザーはGoogleまたはGoogleマップを見て、「◯◯市 刺身」「◯◯市 海鮮ランチ ガッツリ」といったキーワードで、好みの飲食店を探しますよね。

大鹿

「個室」や「サラリーマン向け」といった言葉も使うかもしれません


この「検索する行為」はつまり、ユーザーのニーズの顕在化そのものです。

僕がいうまでもなく、商売はユーザーのニーズに応える商品を提案していく、情報を与えていくことが基本ですよね。


Googleマイビジネスで集客効果を出すことも、情報発信によって、ユーザーのニーズにいかに応えていくか? が大切な考え方になります。

検索キーワードに応えるには?

ユーザーがGoogle検索で使う「キーワード」=ニーズそのもの、ということをお伝えしてきました。

たとえば、「◯◯市 海鮮ランチ ガッツリ」というキーワードでよく調べられている飲食店なら、

  • ビジネスプロフィール
  • 投稿
  • 写真
  • メニュー、商品

などにそれらのキーワードを盛り込んでおくことで、ユーザーのニーズに的確に応えることができます。


検索キーワードに対し的確に応えられていると、ユーザーの満足度が上がり、ユーザーの満足度をもっとも重視するGoogleに評価されます。

そして、ユーザーのニーズを満たす情報をドンドン充実させていくことで、マイビジネスの運用目的である「検索とマップにおける貴店の上位表示」を実現できる、というわけです。

たとえばこの例の場合、「富士市 刺身」と検索したら、ユーザーによる「クチコミ」、オーナーによる「投稿」、お店の「メニュー」に「刺身」というキーワードが表示されていることが分かります。

検索キーワードの探し方/インサイトを利用する

「でも、検索キーワードなんてどうやって探すの?」と思われたかもしれませんが、ご安心ください。

検索キーワードをキャッチする方法はいろいろとあるのですが、もっとも的確で、マイビジネス利用者なら誰でも使える機能を1つ、本記事ではお伝えしますね。


それが、「インサイト」による検索キーワード表示機能です。

大鹿

この機能を駆使することで、ユーザーがGoogleまたはGoogleマップで、「どのように検索してお店を見つけたのか」が分かります。

いわば、検索動機ですね。

検索する際にユーザーが入力したキーワードと、その回数が表示されます。100位程度まで見れば十分です。

ここで表示されたキーワードをマイビジネスの各種情報に盛り込んでいくことで、ユーザーのニーズに応えていくことができます。

(キーワードについては非常に奥が深いので、今後も有益な情報をお伝えしていきます^ ^)

インサイトで検索キーワードを調べる方法

具体的に、インサイトで検索キーワードを調べる手順をお伝えしていきます。

※以下は2021年6月現在の画面です。Googleの仕様によって見え方が変わる場合があります。
※PCを使用しています。インサイトを詳しく見る際はPCがオススメです。

まず、マイビジネス管理画面左側のインサイトをクリックします。

次に表示される画面より、一番上「インサイトは間もなく移動します」の欄から「新しいプロフィールのパフォーマンスを確認する」をクリック。

次に表示される「パフォーマンス」という画面から、中央にある「期間」をクリック。検索キーワードを見たい期間を決めて、「適用」をクリックします。

最大6ヶ月間までさかのぼることができます。

長期・短期(直近1ヶ月など)を見比べても違いが出るので、両方チェックしてみるといいです。

表示された内容を下へスクロールすると、「検索内容」という欄が表示され、あなたのお店をユーザーがどのように検索しているのかを見ることができます。

上記は静岡県富士市にある飲食店様の場合ですが、「ご飯」「食事」というキーワードだけで表示につながっているのは、Googleがユーザーの位置情報を認識して、最寄りの飲食店を提案しているためです。


地域密着の店舗の場合、そう頻繁にキーワードが変わるわけではありませんが、月に一度はこの方法で、キーワードをチェックされることをオススメします。

まとめ

冒頭で「キーワードの考え方にズレがあると、何をやっても成果が得られない」とお伝えしましたが、その理由がお分かりいただけたでしょうか?

  • ユーザーの検索行動=ニーズの現れ
  • マイビジネスで集客効果を高めるために、検索キーワードに応えること
  • インサイトの機能を使って、キーワードをチェックする

マイビジネスの運用の基礎の基礎でありながら、もっとも大切といえる考え方です。

大鹿

とにかく、インサイトを使って、キーワードをチェックするクセをつけること!

地道な作業ではありますが、ユーザーのニーズをつかむことができれば、確実な集客力強化につながっていきますよ!

手っ取り早く、集客効果のあるキーワードを知りたいというあなたへ

文中でも書きましたが、キーワードは本当に奥が深いものです。

今後もこのシリーズでお伝えしていきますが、手っ取り早くかつ正確に、あなたの店舗に合ったキーワードを知りたいということであれば、スキルマーケット・ココナラでこんなサービスを販売しています。

Googleマイビジネスで集客できない原因教えます 元タウン誌編集者のサポート付き☆ロードマップに沿って集客改善

僕・大鹿がお客様の来店動機につながるキーワードをさまざまな角度からリサーチするので、「マイビジネスを運用してはいるものの…なかなか集客効果が出ない」とお悩みであれば、ぜひご利用ください。

【毎月先着3名様・無料】起業家向けブランドづくりコンサルティング

迷っていた起業・事業の方向性がガチッと定まる! 90分の相談で、集客・売上アップに直結するあなたの【ブランド】を作ります!

▶︎ブランドづくりコンサルティングの詳細は、ココをクリック!

ぜひシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる