記憶に残る発信と残らない発信の違い【私見です】

SNSを開けば必ず誰かが「人に伝わる発信とは?」「読まれるブログの書き方とは?」といった内容で発信をしています。

これ、テクニックを駆使すれば伝わる・読まれる発信をすることはできると思うのですが…いつも感じるのは大事なことが抜け落ちているな、ということです。

記憶に残るかどうか?

いくら一発が伝わっても、一発が読まれても、記憶に残らなければ意味がないと思うのですね。好きな小説や好きな文章を折に触れて読み返したくなるような、読み手の頭の片隅に残るメッセージです。

伝えて、伝えて、伝え続けなければいけないのではなく、読み手の方から能動的に取りに行きたくなるような状態のこと。

今回は、記憶に残る情報発信をテーマに、考えてみたいと思います。

こればかりは小手先のテクニックではないので、あえてそういったことはいいません。すぐに人の記憶に残るメッセージに変わることもまずありません。

結論としては「一貫性を持ってやり続ける」ということに他ならないです。

結果を出している成功者の方ほどシンプルなことを地道に取り組んでいますし、今一度コミュニケーションの原点に立ち返るヒントにしていただければ嬉しいです。

目次

一貫性があるかどうか?

流行を追うことが目的になっている人などがまさにそうですが、数ヶ月前にいっていた主張と今いっていることが180度違うような人を、信用できるでしょうか?

とても下世話ないい方かもしれませんが、彼女を取っ替え引っ替えしているような男性が軟派な人間に見えてしまうように、気持ちや主張がコロコロ変わるような人間は信用を失います。

僕がかつて知っていたある人は、お世話になった人のビジネスの手法をやり過ぎなほど真似しては、結果が出なければその人をディスるようなことをしていました。

その後、何食わぬ顔をしてまたお世話になった人のもとへ戻っていったときには、あまりに都合がいいので僕は縁を切ることにしましたが。

時には主張や信じるものが変わることもあるでしょう。しかし後でも書くように芯にある『想い』は変わらないものですし、その想いを実現するツールとしての、主張が変わっているに過ぎないのですね。

あまりにも当たり前すぎてかえって見落としてしまいがちなのですが、一貫性を保ち続けるということは難しいです。

いつ生まれたか分からない「継続は力なり」という格言がいまだに語られるほどですから、続けることは簡単に見えてハードルが高い。

しかし、一流のアスリートがストイックにトレーニングを継続している背中を見ると胸に迫るものがあるように、一貫性がある人間の行動は記憶に残ります。

あなたがいま取り組んでいることに一貫性はあるでしょうか? 僕も常々戒めのように感じることではありますが、自分で自分をセルフチェックする時間というのを持ちたいものですね。

発信の根幹に『想い』があるか?

『想い』などというと抽象的すぎて理解されないこともあるのですが、あなたの夢や実現したいことに、置き換えてみてもいいと思います。そして、自らが叶えたい物事のために、一貫性を持って行動ができているかどうか?

面白い事例があります。

僕はブログのほかにnoteという媒体も運用しているのですが、そちらではかなり雑記的にコンテンツを発信しています。

noteで狙って計測してみたのですが、自分自身の夢や実現したい想いについて開けっぴろげに発信したときは、それ以外のコンテンツと比較して明らかに反応がいい。

noteそのものがストーリーやエッセイのような切り口の読み物が好まれるということもありますが、それにしても…体感としての違いに僕自身も驚いています。

そうした実験のあとでは、基本的にnoteであるなしに関わらず、想いというものを素直に語るようになりました。

リアルで人に会っても、「なぜ自分がこういうことをしているのか?」「どういう想いでやっているのか?」ということを語るようにしたら、やはり反応がいいです。

特にSNS界隈で感じることですが、流行やノウハウばかりが垂れ流されることに、誰もが飽きてきているのだと思います。

成功している人や偉人と呼ばれる人たちも結局は想いを持ってやり続けているから結果を出しているのであって、想いもない人を、人は記憶にとどめ続けるでしょうか? 憧れ続けるでしょうか?

『想い』という言葉が抽象的であるために本気でこれについて考えている人が少ないように感じます。しかし想いがないと自分自身がブレますし、応援してくれる人も現れません。

「なんだ、そんなことか」と思われたかもしれませんが、そんな小さな想いが何よりも大切な、あなた自身の推進力になります。

知らしめ力→巻き込み力→移動力

自分自身のファンを集めるためによくいわれるのが、

  • MSP×露出=知らしめ力
  • 知らしめ力×物語=巻き込み力
  • 巻き込み力×モチベーション=移動力

という法則です。MSPとは簡単にいうと「誰?」の部分。自分軸といってもいいです。

詳しくは以下の記事にも書いているので、併せて読んでみてください。

知らしめ力とはあなた自身を世に知らしめること、と考えるといいです。

移動力というのは他人を行動喚起させることで、そのために相手のモチベーションを高めます。

要はあなた自身を情報発信によって世に露出させ、物語(=想い)を語り、他人を行動喚起させればファンがついてくるということです。

ファンというと大勢をイメージするかもしれませんが、1人でもいいのです。

僕自身も経験がありますが、たった1人が自分が語る物語に共感してくれて歩み寄ってくれたときの感動は、言葉にできないほどです。「伝わった」と。

この移動力までの過程で伝わった人は、たいていがあなたを深く記憶にとどめてくれます。

露出をしなければ知ってもらえません。

嘘偽りない物語=想いを語らなければ、誰も寄って来ません。

一貫性ある行動は他人にとってのモチベーションになります。

3つの法則を、あなたは体現できているでしょうか?

まとめ

技術がなっていなかろうが、想いを持って一貫性のある行動をしている人ほど、誰かの記憶に残る行いをしているのは純然たる事実です。

多くのファンを抱えている人ほど情報発信が上手か? というと必ずしもそういうわけではありません。むしろ不器用でも真っ直ぐな人に、人は惹きつけられるものです。

冒頭にも書きましたが、「人に伝わる」だの「読まれる」だのといったことばかり気に留めているうちは、逆説的ですが伝わらないと思うのです。

あなたに伝えたい、伝えたい。読んでくれ、読んでくれ。主張すべきはそこではないからです。

あなたが何者で、どういう想いを持って何を成し遂げたいか? 共感性の時代において、人が真に知りたいのはそこだから。記憶に残る条件もそれ。

異論もあるでしょうが、今回は私見でした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【毎月先着3名様・無料】起業家向けブランドづくりコンサルティング

迷っていた起業・事業の方向性がガチッと定まる! 90分の相談で、集客・売上アップに直結するあなたの【ブランド】を作ります!

▶︎ブランドづくりコンサルティングの詳細は、ココをクリック!

ぜひシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる