起業の道のりは泥臭くてなんぼ

SNSを見ていると、華やかに多くの人と繋がって華やかに活動している起業家やフリーランスがいます。(一見そう思える存在たち)

そんな姿に憧れて、「自分も華麗にSNSを使いこなしたい」「活躍している姿を見せたい」と投稿を頑張るけれど、なかなか思うようにいかない…。

というような人も、また多いように感じます。

このままSNSを例にしますが、SNSを触っていると仕事をしている“気になる”ものです。「いいね」やコメントがつくと、人気者になったような感覚を受ける。

しかし残念ながら、実際問題、SNSではなかなか人は動かないものです。SNS上でものを買ったり、サービスに申し込んだりというのは稀。

それに対して、地味で泥臭い営業活動をした方が、人から信頼もされるし、買ってもらえる機会も多いものです。

起業=華やかな面に目が行きがちですが、実際は泥臭くてなんぼだと思います。今回は僕自身の経験を交えて、起業のリアルについて書いていきます。

目次

影響力をつけることが大事

SNSもインターネットを舞台にした、人間関係の1つの形に過ぎません。華やかに見える人も裏側で他人に根回しをしています。

見えないだけで泥臭い活動を重ねて、ようやく他人への影響力を手に入れている。これは事実です。裏側で人がどのようなアクションをしているのかが包み隠されてしまうのが、SNSというものの、良い点でも悪い点でもあるわけですが。

なぜか、SNSを頑張って更新さえしていれば誰かが声をかけてもらえる。仕事がもらえる。サービスを買ってもらえる。

などと思っている人がいますが、リアルな人間関係を考えれば、そのようなことは望みが薄いことが分かるはずです。

当たり前ですが、仕事につなげようと思ったら人を動かさなければいけません。行動を起こしてもらわないといけないのに、投稿を続けているばかりでこちらから具体的なアクションをかけないのでは、何も起こらない。

そのようなことでチャンスを逃すくらいなら、個別に連絡をしてでも、直接会ってでも、行動を起こしてもらう方がよくありませんか? 起業して、仕事のツールとしてSNSを使っているのですから。

地味で手のかかる活動を通じて、1つひとつ実績を積み重ねて他人への影響力を形成していくのです。いまの僕にはまだまだ大きな影響力はありませんが、欲しいのは「いいね」やフォロワーの数ではなく、他人を動かせる影響力。そして結果です。

あなたはどうでしょうか? 見かけの数字に、惑わされていないでしょうか?

やった気じゃなく結果

冒頭でも書きましたが、SNSを触っていると作業を“している気”になります。実際になんらかの反応が得られるだけに、それをもっとも効果がある仕事だと思ってしまう。

情報発信の、そして集客のツールとして、いろいろ試したうえでもっともSNSが相性が良かった。仕事にもつながっている。ということであれば、いいと思います。

実際SNSを結果に変えている人もいますが、やはり裏側では泥臭く活動しているし、試行錯誤も苦労も重ねています。何より、短期的ではなく長期的に取り組んでいるから結果に変わっているのです。

SNSのメリット・デメリット、そして自分との相性も鑑みずに「SNSが一番正しい」「SNSしか選択肢がない」といわんばかりの人もいて、本当にそうか? と思います。

ブログもYouTubeも、Web広告という手もあるし、足を使って営業する方法もあります。それらを実践してみることもなくSNS一択というのは、正直早計過ぎるのではないでしょうか。

なぜなら僕やあなたが本来欲しいのは、結果だから。お金や、その先にある実現したい未来のはずです。

そう、大事なのはやった気じゃなく結果。僕自身、副業時代はやった気で満足してしまっていましたが、起業すると現実問題食っていかなくてはいけないので、やった気じゃいられなくなりました。

結果が出てなんぼと感じられることが副業と起業の違いですし、言葉は厳しいようですが自分の感情を理由に「嫌だからやらない」といっているような人は、仕事として続かないと思います。

起業はそんなに甘くない。そう思いませんか?

たとえ見かけが泥臭くても、一番効果の出るやり方で攻めなければいけません。

人は人。自分が実現させたいことは?

多くの人が楽な面だけを見ようとします。都合のいい面ばかりを見ます。(お前がやっていることなんて、SNS1つあればできるし。などといったり)

けれど、楽して痩せても持続できないように、都合の良いやり方だけでは、都合を基準にした質の低い人間関係しか望めません。

泥臭いことに、人は目を背けるものです。キレイなことばかりに目を向けては、「上手くいかない」などと気を落とす。いやいや、もっとできることがあるのでは。

華やかで楽で都合のいい面ばかり見ようとする人は、結局自分に集中できていないということだと思います。人は人なのに、人のことばかり見てしまうのです。

しかし自分の意志で起業をしたのなら、自分が手に入れたいもの、実現させたいことがあるはずですよね。

心の中では「泥臭いこともやらなければ」と気づいているわけです。だったら、たった1人の理解者から増やすために、泥臭い活動も必要ではないか?

泥臭い活動を通してしか見えないもの、培えないことがあります。

まとめ

いま、自分が活動しているステージが「なんか上手くいかない」「歯車が噛み合わない」と感じているなら、1つ泥臭い方に段階を落としてみることも大事かもしれません。

なかなか難しいことも理解できますが、自分の都合や感情を切り離すことです。そして素直に結果に目を向ければ、本当にやらなければいけないことが分かるはず。

今回、SNSを例にしましたが、SNSは劇薬にも目に毒にもなります。人は人だと分かっていながら飲まれてしまうことがある。

SNS以外にも、泥臭さが隠され、ぬるくて心地よさそうな空気であふれている空間はあるでしょう。

しかし、惑わされないでください。起業してまであなたがやりたかったことは、なんでしょうか? それは華やかに生きる誰かに目を奪われることで、損なわれていいものでしょうか?

きっと違いますよね。

泥臭い行動を軽く見ている人が多いように感じる今日この頃。つい感情的になってこのように書いてしまいましたm(_ _)m

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【毎月先着3名様・無料】起業家向けブランドづくりコンサルティング

迷っていた起業・事業の方向性がガチッと定まる! 90分の相談で、集客・売上アップに直結するあなたの【ブランド】を作ります!

▶︎ブランドづくりコンサルティングの詳細は、ココをクリック!

ぜひシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる